TOP > ルミテック日本 > スティンガーLED発売間近
新製品情報
2006/10/20

スティンガーLED発売間近

mr.harada
ルミテック日本
「ストリームライトの部屋」へお立ち寄りいただきましてありがとうございます。
文才の全くない私ですが、頑張って週1回は更新していきたいと思っております。
皆様、どうぞよろしくお願い申し上げます。
ブログの立ち上げ記念に、待望のあの新製品のお話からです。
 
先日、ストリームライト社の者が来日した際、新製品の「スティンガーLED(仮称)」のデモを受けた。
これは現行の「スティンガーXT」をべースに、スーパーLED「ラクシオン3W」を組み込んだモデル。
しかしスイッチはテールではなく、スティンガー同様にヘッド部分にある。
スイッチゴムには「SL」のロゴがあり、テールキャップにはストラップを付けられ穴があいていた。
ラクシオンの充分な集光を得るために、奥深いカップのリフレクターを備えている。
このため全長は「スティンガーXT」より若干長めで、重量も多少重い。
 
充電器は従来のスティンガーシリーズのものが使用できるので、ユーザーの方はライトのみの購入で新モデルが使用できる。
ライト自体が全く異なるので、現行のモデルを部品交換してLEDモデルに変換することは出来ないようだ。
 
スイッチを押すと「High」モードで点灯し、そのままスイッチを押し続けると「Med」、「Low」と減光していく。
さらに素早くダブルクリックすると、かなり早い「点滅」モードとなる。
一度消灯すると、次回の点灯は必ず「High」からとなる。
米国では、このシリーズの最大ユーザーは警察官なので、こちら方面からの要求に応えたそうだ。
 
その時点では、詳しいスペックの話はなかったが、70ルーメン前後で明るさも充分、シャープなスポット光が印象的であった。
プロトタイプでしたので、量産モデルとはデテールが異なる場合があるが、質感はとても堅実なものでした。
価格は「スティンガーXT」プラスアルファ程度とのこと。
 
来月にも米国内向けに出荷が始まるといっていた。日本国内でも出来るだけ早くお届け出来るよう頑張たい。

Facebookで更新情報をチェック!