TOP > ルミテック日本 > 新製品「バンテージLED」
新製品情報
2008/07/31

新製品「バンテージLED」

labサポート
ルミテック日本

 ヘルメット用に特別設計されたスーパーLED ヘルメットライト「バンテージLED」が新発売となりました。明るさは驚異的な80ルーメン。もちろんC4テクノロジー最先端スーパーLEDを搭載しています。光度表示が4,500カンデラパワーと低めなのは、中心部ばかり明るい極スポット配光ではなく、このライトの用途を考えてムラ無く一定の範囲を照射するパターンとしたために、明るさが照射範囲に均等に配分されたためと考えます。
 クランプ部分も含めてアルミ合金製ですので、実際にとても高級感があります。クランプを中心に左右方向へ自在に回転しますので、ヘルメットのどの位置に取り付けてもお好みの照射角度に調整することができます。上下方向の光軸調整には付属の角度調整プレートを用います。このプレートにより±5度の微調整が可能です。私も自前のヘルメットに装着して光軸の調整を行いましたが、希望通りの調整が可能でした。ただし、調整プレートを使用する場合で、ライトを毎日脱着する方は、調整プレート紛失防止と取り付けの簡易化のために、調整プレートを両面テープ等でライトのクランプに貼り付けた方が使いやすいかもしれません。
 アメリカの消防士ヘルメットには、つば上、つば下の両方に取り付け可能ですが、国内の産業用ヘルメットではヘルメット前方のつば上部が最適な取付位置の様です。クランプ幅は10mmですので、つばに雨どいが付いている場合にはその幅(厚み)が10mmまでのヘルメットに対応します。国産ヘルメットのほとんどは10mm以内です。
 スイッチはどちらに回しても点灯できる回転式となっています。ヘルメットをかぶったまま手探りで操作するスイッチなので、どちらに回しても点灯できるのはありがたい機能です。少し残念なのはブルーLEDのテールライトがメインのライトと常時連動していて、テールライトのみ消灯できないことでしょうか。
 主用途を消防用として開発していますので、完全防水(IPX7:水深1mで30分間)は一般ユーザーにとっても安心の機能です。
 電源はリチウム乾電池(CR123A)を2本使用します。ヘビーユーザーにはランニングコストが多少気になりますが、スペックを考えるとリチウム乾電池もやむを得ないのでしょう。純正のリチウム乾電池は12本入り(品番:85177)を出来るだけお求めやすい価格にてご提供させていただいておりますのでご利用下さい。
 機能面のみならず、とてもスタイリッシュなデザインの「バンテージLED」は、昼夜を問わず現場での注目度アップは間違いありません。詳細は当社HPをご覧下さい。

Facebookで更新情報をチェック!