TOP > ルミテック日本 > ビジネスにも通じる災害時の行動心理-なぜすぐに動けないのか?
コラム
2012/09/11

ビジネスにも通じる災害時の行動心理-なぜすぐに動けないのか?

labサポート
ルミテック日本

防災週間は終わりましたが、巨大地震に対する備えはまだ始まったばかりです。先日のNHK特集の中でも、地震発生時に、子供はすぐに防御、避難行動をとった結果、一人の犠牲者もなく助かったばかりではなく、行動を起こさない大人を説得して避難させていた例が紹介されていました。この非常時の行動心理について「防災システム研究所」の山村武彦氏が、的確な考察を発表されているのでご紹介します。

「危機に対する人の対応」

人の危険認知はすぐには働かない
1.凍りつき症候群

2.正常性バイアス
  まだ大丈夫、これは正常の範囲内と自分に言い聞かせてします

3.経験の逆機能
  過去はこれで大丈夫だった

4.同調性バイアス
  皆がこうしているから私も大丈夫

5.エキスパートエラー
  専門家がこう言っているから大丈夫

これらの点について、自問自省と実践訓練(最悪をシュミレーションしてと繰り返し訓練)するしかないとのことです。 ふと、これはビジネスにもつながることだと感じました。自分や会社に思わぬことが降りかかった際、これらにとらわれて動かなくなってしまわないか?

Facebookで更新情報をチェック!