TOP > ルミテック日本 > STREAMLIGHT ストリームライト VANTAGE180 バンテージ LED ハンディ/ヘルメットライト
新製品情報
2017/03/24

STREAMLIGHT ストリームライト VANTAGE180 バンテージ LED ハンディ/ヘルメットライト

ルミテック日本A
ルミテック日本

バンテージ180 119R / 119B

ストリームライト バンテージ180とはこれまで米国の消防士(ファイアーファイター)がヘルメットに装着する「バンテージLED」の実質的な後継モデルとなる多機能アングルライトです。従来のモデルとはボディの材質も機能も大きく進化を遂げた製品に仕上がっております。

製品のスペックについてまずはご説明いたしましょう。

使用電池はCR123乾電池2本。

明るさは最大250ルーメン、2段階の調光が可能でLowモードは100ルーメン。

点灯時間はHiモードが4時間、Lowモードが12時間。

最大光度はHiモードが7200カンデラ、Lowモードが2650カンデラとなります。

重量は電池込みで156g。

防水性能はIPX7(一定の圧力・時間で水中に没しても、水が侵入しない)

従来のバンテージLED同様にCR123リチウム乾電池を2本使用しますが、装填は縦に2本差し込みます。なので、ボディは従来型よりも縦に長くなります。全長は長くなりますが、ボディ素材が耐衝撃・耐薬品ポリマー樹脂に変更されたことで、重量に大きな差異はありません。

 

アングルライトとしての有用性

119R_5s.jpg 

バンテージ180はヘッド角を最大で180度変えることが出来ます。真っ直ぐ伸ばせばハンディライトのようになり、90度に曲げればL字ライトのようになります。角度を変えることで、持ち方、装着部位が変わってきます。

L字ライトにすることでチェストハーネスやフックなどに引っ掛けることで、ハンズフリーの前照灯になります。また、各部に装着しやすいようにクリップやリングがボディに内蔵されており、必要に応じて使用することが出来ます。クリップは固定式ではなく、左右への微妙な調整が可能です。

 

ヘルメットマウントと「クイックリリース」について

119R_7s.jpg

ハリウッド映画等でご存知の方も多いかも知れませんが、アメリカの消防士がかぶるヘルメットは大きなツバが付いたハット状のデザインをした物が多いようです。従来のバンテージLEDはこのヘルメットのツバの側面にイモネジで装着しての使用するものでした。今回のバンテージ180も同様ですが、ヘルメットに固定する為の治具のデザインが変わり、リムのあるヘルメットであれば消防用の物でなくても装着出来るようになりました。工事や工場等で一般使用する上で非常に改善された点といえます。

クイックリリースとはヘルメットにマウントされたライトを素早くライトのみを外すことができる機能です。マウントにあるレバーを押しながらライトを引き抜くとライトだけを外すことが出来ます。装着はクリップ部位をマウントに差し込むだけでロックします。マウントをヘルメットから外す事なく、ライトだけを脱着できることはライトの汎用性を飛躍的に向上させました。

面白い機能がこのライトにはあります。メインの前照灯の他にスイッチ下部にサブLEDがあります。このサブLEDはメインLEDと共に点灯させることが出来るのですが、ヘッドの角度に応じて色が変わります。

ヘッドをボディに対して真っ直ぐにすると、サブLEDは青く光ります。そしてヘッドを曲げると今度は白色に光ります。異なる2色のLEDがに内蔵されていることが分かります。

119R_3s.jpg119R_2s.jpg

なぜこんな仕様にする必要があるのか?

理由はライトが装着されるであろう部位にあります。ライトを真っ直ぐにした場合はヘルメットマウントされる可能性があります。青く光る事で後続の消防士に自分の居場所を知らせることが出来ます。つまり、パーソナルマーカーとしての働きがあります。対して、アングルで使う場合はチェストマウントで使われる事が想定されており、手元、足元を照らす為の光源となります。サブLED自体は消灯させる事が可能性で、それをライトに記憶させることも出来ます。

サブLEDなのでとても明るいわけではありませんが、限られた電力リソースの中では使用するのに充分な明るさかと思います。

119R_1s.jpg119B_1s.jpg

防傷性に優れたポリカーボネートレンズを使用。光学レンズから放たれる光は程よく狭角。このライト同様に消防士が個人携帯するサバイバー IECほど狭角ではありません。ビーム状の光ではなく狭角ながら距離が伸びるに従って程よく散るのが特徴です。ヘルメットライトとして使用する場合、あまりに狭角では視野が狭くなってしまいます。煙が充満している状況でなければこれくらい広い照射範囲がある方が救助活動がしやすくなると思います。また、初期照度の維持に優れ、長時間の連続点灯が可能です。

バンテージ180は消防、レスキュー関係での使用に強く意識したLEDライトです。従来のデザインを大きく変え、これまでに無い機能を持たせたことでより現場のニーズに応えられるモデルになったと思います。また、ヘルメットマウントが改善されたことでリムを持つ多くのヘルメットに装着が可能になり、消防関係だけでなく、産業、工事関係のユーザーの間でも充分に活用できるマルチなライトに仕上がっております。

バンテージ180 119R / 119B

 

保存

保存

保存

Facebookで更新情報をチェック!