TOP > ルミテック日本 > STREAMLIGHT ストリームライト 117 プロタックHL USB 充電式 ヘッドランプ
新製品情報
2017/06/08

STREAMLIGHT ストリームライト 117 プロタックHL USB 充電式 ヘッドランプ

ルミテック日本A
ルミテック日本

プロタックHL USB 充電式 ヘッドランプ

ルミテック日本のブログをご覧頂き誠にありがとうございます。今回ご紹介するストリームライト製品は新商品のプロタックHL USB 充電式ヘッドランプです。製品名にもございます通り、マイクロUSBポートをライト本体に備え、充電池を装填したまま充電が可能なモデルです。従来ありましたプロタックHLヘッドランプ(乾電池版)の充電式モデルであり、細部にわたって変更が施されております。

117-3.jpg

乾電池モデルのプロタックHLヘッドランプもそこそこ大きなモデルでしたが、充電式はさらに大きくなっております。大きく見える理由は充電するためのマイクロUSBポートが増設され、ヘッド部が長くなった為と思われます。また、明るさも最大1000ルーメンと同社のヘッドランプとしては規格外の明るさを実現した為、放熱フィンを増設しているのもその原因の一つかと思います。重量も充電池込みとは言え約230gはなかなかの重さ。バッテリーケースと実際に光るライトユニットが別々のセパレートモデルであれば装着時の前後バランスもさほど気になるものではありませんが、このモデルは全てライトユニットにまとめられたワンピースモデル。当然、フロントへビィーに感じてしまうでしょう。

スイッチはボディ右手にあり点灯、消灯、モード切替をこのスイッチボタンで行います。スイッチは比較的柔らかく押しやすいものです。重たいライトユニットを支えるベースマウントは大きくて広く、フロントへビィーなのは確かですが、存外にしっかりとライトユニットを支えます。上下の照射角度を調整するチルトも確りしており、その自重で動いてしまうようなことはありません。チルト角は約90度曲がり、真下を照らすことも可能です。

117-4.jpg

最初に見たときからユニークだな、と思ったのがこのフィルターカバー。使用しないときはライトユニットの片側に嵌めておくことが出来ます。使いたい時だけ前面に装着が可能。紛失の恐れが無く、合理的。フィルターカバーそのものはゴム製で柔らかく、滑り難い素材です。

117-5.jpg

ディフォルトでは拡散フィルターレンズが付いており、後述しますが狭角な中心光を程よく散らして近距離時の作業効率をアップさせます。拡散フィルターの他に、赤と緑のカラーフィルターが付属します。必用に応じて拡散フィルターを外し、付替えることが出来ます。フィルターの脱着に工具は必要ありません。伸縮性のあるフィルターカバーを押し広げて脱着を行います。各色に変えることで照射光を染めることが出来ます。フィルターの透過率は不明ですが、総じて明るさは落ちると思います。(フィルターの透過率が良すぎると染められないから)

用途は特殊ですが、赤なら夜目を保護するナイトビジョン、グリーンなら野生動物の観察、埃やチリに検出など用途は様々です。

117-6.jpg

充電は付属する充電池74175を装填し、付属するマイクロUSBにて充電を行います。74175充電池は先日ご紹介したストリオンDSシリーズにも使われているストリームライトのオリジナルリチウムイオン充電池です。充電池を装填しての充電行為は74175でなければ出来ませんが、汎用の18650形充電池でも点灯は可能。同社でリリースしております18650充電器キットの充電池を予備充電地として使うことも出来ます。

明るく光るヘッドランプだけに電力の消耗もそれなりに激しいです。ですから充電池がベースとなっております。この明るさを乾電池で運用するのはコスト高!充電池ならコストを気にすることなく思いっきり明るいモードが使用できますからね。

117-7.jpg

最初のカバー画像を見ても分かります通り、このヘッドライトには通常の布ゴムバンドの他、ヘルメットに装着しての使用時に便利なゴムバンドも付属しております。滑りやすい形状の椀形のヘルメットに対して確りと固定が可能です。現状、付属品として付くので新たに購入する必要は無くお買い得。プロの現場を支えるストリームライトならではの付属品ですね。

117-2.jpg

 プロタックHL USB充電モデルは当然ながらかなり明るいヘッドランプです。中心光、周辺光共に明るく遠方まで照らすことが出来ます。メーカーの公称照射距離は最大で232m!近場を照らすことを目的としたヘッドランプらしからぬ照射距離。もちろん計測理論上の物なのですが、実際に照射しますと確かによく飛ぶ!しかも周辺光もたっぷりとあり、近くから遠くまで死角なく照らせるその照射能力は特筆するものがあります。深く掘られたスムースリフレクターと比較的小粒の光源であるLEDの相性は良く、ムラの無い美しい配光を描き出します。

ライトユニットが大きいのは放熱を促進させる効果もあり、デメリットばかりでは無さそうです。実際、やたらと小型なボディで1000ルーメン出せますと謳っているようなモデルよりも安心感があります。しかし、物理的にユニットが大きいので狭い場所では使い勝手が悪いのも確か。この遠方照射可能な性能を見ても充分に広い施設や屋外での使用が想定されるかと思います。防塵防水性能はIPX4。雨の中でも十分使える防水性能なので屋外での使用ももちろんOKです。

近距離で使用する場合は拡散レンズカバーをつけることで激しい中心光を散らし、全体的に密度の高い光を照射することが出来ます。フィルターカバーの使用はアナログではありますが、効果は絶大です。遠近両方でそのパワフルな光をフルに活用できるモデルです。

プロタックHL USB 充電式 ヘッドランプ

 

保存

Facebookで更新情報をチェック!