TOP > ブログ > STREAMLIGHT ストリームライト 075A プロタック 1L-1AA LEDハンディライト
2017/08/02

STREAMLIGHT ストリームライト 075A プロタック 1L-1AA LEDハンディライト

ルミテック日本A
ブログ

プロタック1L-1AA

いつもルミテック日本のブログをご覧頂き誠にありがとうございます。本日ご紹介するストリームライトはポケットフレンドリーなコンパクトライト プロタック1L-1AAです。こちらのアイテムは昨年の夏から発売されており、この一年間でエンドユーザー様から高い評価を得ているライトです。最大の特徴は携帯しやすいサイズ感と複数の異なる電池が使えるデュアルバッテリーシステムを採用している点です。

075A-2.jpg
使用できる電池は主に二種類。CR123リチウム乾電池または単三形乾電池。どちらも1本で使用可能です。電池についてご存知の方なら不思議に思うかも知れません。なぜならCR123と単三では長さも太さも、さらに電圧も違うからです。どのようにして長さの異なる電池を入れることが出来るのか?上手く収まるのか?その疑問にストリームライトは合理的な方法で応えてくれました。

CR123乾電池をバッテリースペースに装填するとごく自然に収まります。CR123乾電池よりも平均で16mm長い単三乾電池を入れたらテールキャップが閉まらないはずですが、、、

075A-3.jpg

単三乾電池を入れて、ググッと押し込むとバネのテンションを感じますが、割と簡単に電池が沈んでいきます。電池が触れる接点バネが柔らかく、長い単三乾電池を入れても接点のバネが縮みテールキャップを締めることが出来ます。実際には指ではなく電池の上にテールキャップをあてがって押し込めば簡単に締め込むことが出来ます。接点バネのテンションは絶妙でCR123乾電池よりも細い単三乾電池を入れても内部で電池がカタカタと暴れることはありません。

075A-5.jpg
レンズには低反射加工された透過性に優れたガラスレンズが使われています。

使用電池の違いで明るさが異なります。CR123リチウム乾電池は小型の3Vの乾電池、パワフルで外気温に左右され難く、備蓄に適したものです。対してアルカリ乾電池は1.5V、入手し易く安価なのが最大のメリットです。明るく光るのはCR123乾電池使用時で最大350ルーメン、単三電池使用時は最大150ルーメンとなります。二段階調光が可能でLowモードはどちらの電池を使っても40ルーメンです。コンパクトライトとしては充分に明るくそして明るすぎないのがポイント。Lowモードの40ルーメンは手元照射ではかなり使えます。

075A-4.jpg

10タッププログラム機能を搭載。現行のプロタックシリーズに多く搭載されているライトの性格を変えることができる画期的な機能。テールスイッチを10回タップ(半押し)して、10回目でホールドすると通常「高、点滅、低」の3点灯モードを、「高のみ」または「低、高」に変更することが可能です。つまり、ユーザーの用途、職業、環境などに合わせて点灯モードを変えることができます。1本で3役の顔を持つマルチなモデル。テールスイッチは比較的柔らかくタップしやすいです。任意の明るさ、モードでクリック音がするまで押し込むと常時点灯致します。

075A-11.jpg

配光は一般的で素直。中近距離で威力を発揮するものです。中心光軸がハッキリと見えるタイプ。周辺光もあり極端に照射範囲が狭いようなものではありません。

075A-10.jpg

Lowモード 40ルーメンが便利。極端に暗くもなく、明る過ぎないポケットライトとしては実用性の高い明るさ。ランタイムはリチウム乾電池使用時で14時間、単三アルカリ乾電池で7時間半と充分なもの。ボディも熱を持たず高効率な点灯が可能です。

075A-8.jpg

CR123使用時のMAX350ルーメン。中心光が最も明るく、周辺光も充分にワイドで明るいです。電池1本使用のコンパクトサイズのライトとしては必要充分以上の明るさです。

 

075A-9.jpg

単三アルカリ乾電池使用時のMAX150ルーメン。中心光の明るさはこちらも充分にありますが周辺光がやや薄く、リチウム乾電池との明るさの違いは感じます。

075A-6.jpg

全長:108mm ヘッド径:22.7mm ボディ径:19.5mm 重量:約71g (CR123乾電池使用時)

ボディは6000番台の航空機にも使用される軽量なアルミ合金にブラックのアノダイズド表面処理が施された丈夫なもの。精緻に削りだされたボディはプロタックシリーズならではの完成度です。ボディ中央付近についている鋼製のダブルクリップは非常に便利。持ち手の邪魔にならず、上からも下からもポケット等に挿すことが出来ます。場合によっては帽子のツバなどに付けて簡易的なヘッドランプとしても使用が可能。サイズの割りにクリップを深く差し込めるので安定感もあります。

PROTAC 1L-1AAの良いところをまとめますと以下の通りです。

  1. コンパクトで軽量
  2. 二種類の電池が使い分けられる
  3. 充分に明るく、使えるLowモードで長時間点灯も可能
  4. IPX7の高い防水性(水深1mで30分の水没に耐えます)
  5. 2mの耐落下衝撃性
  6. ライトの性格をスイッチだけで変えられる10タッププログラム搭載
  7. 取り外し可能な鋼製ダブルクリップ

ポケッタブルなサイズのライトとしては欠点を探すのが難しいくらいよく出来たライトです。「もっと明るさを!」と望む声もありますが、現状では連続点灯も含めこのサイズのライトでは結構ギリギリの明るさかと思います。瞬間だけでも600から1000ルーメン出せるライトが世の中にはございますが、そういった性能をストリームライトは提供いたしません。あくまでも「使える」ことを前提とした性能と品質のみをユーザーに提供します。

EDC(Every Day Carry)ツールとして北米で高い評価を獲得したプロタック1L-1AA、あなたのポケットに収まって欲しいおススメのライトです。

 

Facebookで更新情報をチェック!