サブタイトル02
TOP > 導入事例・インタビュー > 屋外現場用懐中電灯

屋外現場用懐中電灯Outdoor spot flashlight for

屋外現場での活用

ストリームライト社の懐中電灯は、航空機整備、鉄道保線、トンネル工事、道路工事、自動車整備などさまざまな屋外の現場で活用され、安全確保、作業効率の大幅アップに貢献しています。

用途例1

航空機整備多くの命を預かる航空機整備をサポート

イメージ  

小さな異常も見逃さず事故を未然に防止

航空機整備では、些細な見落としが重大なアクシデントにつながります。そのため、高性能懐中電灯も重要な整備用機材として監督官庁への届出書類に記載されます。
大型機整備においては、一般的な懐中電灯ではパワー不足。かといって大型の投光器では、整備士の機動性が損なわれます。
ストリームライト製品は充分な光量と優れた携帯性により、大手エアライン各社で採用されているのです。

陽光のなかでも細部を確実に照らす

ストリームライト製品は、陽光が乱反射する、空港の白いコンクリートに囲まれても、補助光として細部の点検をサポートすることができます。通常、明るい環境の中では、一般的な懐中電灯では点灯していることすら確認できません。

充電式なので産業廃棄物も低減

充電式モデルは産業廃棄物となる乾電池を排除することができ、環境問題に深い関心を持つ大手エアライン各社から強い支持をいただいています。

  イメージ

航空事業で活躍中の商品はこちら

用途例2

工事現場工事現場の安全第一に貢献

イメージ  

優れた機動性と光量が危険な現場もカバー

一般的に工事現場では、発電機などを使った大型照明が使用されています。よって懐中電灯の役割は、作業員の補助照明、現場管理者用携帯照明となります。
近年は安全衛生の観点から、換気の限られた空間、例えばトンネル掘削現場などでは、発電機の運転が制限されています。その場合、機動性が高く、長い作業時間をカバーできる懐中電灯は必需品です。

防爆型懐中電灯が不意の引火、爆発を防ぐ

現場では、可燃性、爆発性ガスの発生もありえます。天然ガスの湧出、作業重機からの燃料漏れなど、爆発引火の可能性は決して無視できません。 ストリームライトの防爆型懐中電灯であれば、不意の危険環境でも引火、爆発を防ぐことが出来ます。 ※ 防爆機器の選択にあたっては専門知識が必要です。貴社のご担当部署に必ずご相談ください。

  イメージ

用途例3

自動車点検整備 整備の精度、効率を向上

イメージ  

高性能補助ライトが作業効率を飛躍的に高める

車両の点検整備では、小型の電源ケーブル付き作業灯を使用するのが一般的です。 自動車の点検整備にはこの光源だけで十分な場合が多いのですが、補助的な懐中電灯があると、仕事の効率は飛躍的に向上します。また、狭い隙間用ライト「スタイラスリーチ」も大好評です。

中古車オークションでの数百台の車両査定もこなす

1日に数百台の車両査定をおこなう中古車オークション会場では、小型の充電式強力懐中電灯「スティンガーシリーズ」と「ストリオンシリーズ」が特に大好評。 ツールへの僅かな投資が、生涯労働時間においては数千時間の効率を生み出します。

  イメージ

自動車整備工場で活躍中の商品はこちら

お問い合わせ、カタログ請求はこちら