サブタイトル02
TOP > 導入事例・インタビュー > 消防・レスキュー用懐中電灯

消防・レスキュー用懐中電灯Outdoor spot flashlight for

消防・レスキュー用懐中電灯

ストリームライト社の懐中電灯は、火災や事故現場、港湾、空港の税関検査でも活躍しています。その明るさと信頼性は作業の効率を上げるだけでなく、隊員の安全をも守る強い味方となっています。

用途例1

消防火災現場のあらゆる状況に対応

イメージ  

高い防水性、手頃な大きさ、パワフルな光線 すべてを満たす懐中電灯が必要

消防活動に求められる基本性能は、高い防水機能、煙を突き抜くシャープでパワフルな光軸、消防活動の邪魔にならず、必要時に素早く使用できる手頃なサイズです。
ストリームライトの消防向け懐中電灯のラインナップは、これらの基本性能を満たすだけでなく、米国NFPAより消防用ライトとして認定されており、多くの消防向けに特化した機能を有しています。

あらゆる状況を想定した まさに消防士用の高機能懐中電灯

「ファイヤーバルカン」では、厚手の消防士グローブでもしっかり握れるワイドなグリップ開口部。同僚に自分の位置を知らせるテールLED、ワンプッシュで解放できるクイックリリースタイプの肩ベルト等をフル装備。
さらに、緊急事態を知らせる自動点滅機能も備えた、まさに消防、レスキューのための充電式強力懐中電灯です。

  イメージ

用途例2

レスキューレスキュー現場の力強い味方

イメージ  

レスキュー隊のサポートだけでなく引火等の二次災害も防止

レスキューの現場では、任務遂行に充分な光量、二次災害の防止、レスキュー隊の安全の確保などが懐中電灯に要求されます。
揮発油の漏れた事故、ガス漏れの懸念される家屋倒壊などでは、引火による二次災害が発生する可能性も。ストリームライト製品には防爆型モデルもラインナップされています。

テールLED、自動点滅などの機能が隊員の安全も確保

交通量の多い路上での救急、レスキューには、通行車両との事故の危険も無視できません。今日では救急車、消防車の現場到着が、警察車両より早い場合も多々あります。
このようなシーンでは、「ファイヤーバルカン」の尾部に装備されたLEDや自動点滅機能が、レスキュー隊の存在を走行車両に強力にアピール。隊員の安全を守る力強い味方になります。

  イメージ

用途例3

税関税関検査の効率アップと安全確保

イメージ  

正体不明の積荷の数々 いかなる状況でも誘爆の危険を回避

船内、機内という密室で、積み荷から漏れ出た正体不明の粉末や液体。荷主やBL(船荷証券)で中身の確認がとれるまで、取締官は危険にさらされることになります。
日常的な検査に使用するライトを防爆型懐中電灯に切り替えることにより、このような危険環境でも不意の誘爆を回避することができます。

国際基準の防爆認証取得で海外での調査にも対応

外航船内での検査は基本的に外国の領土と同じ扱い。その国の基準に合った懐中電灯が必要です。プロポリマー、バルカン、サバイバーの各シリーズには、ヨーロッパのATEX防爆認証(国際規格IEC60079準拠)を取得した懐中電灯がラインナップされています。
防爆性が不要な場合は、充電式小型ハイパワーライトの「ストリオンシリーズ」、「スティンガーシリーズ」が、検査効率向上に目覚ましい効果を発揮します。

  イメージ

お問い合わせ、カタログ請求はこちら